スキンケア

モテたいならムダ毛は処理!自宅でできるムダ毛処理の方法

自宅でムダ毛処理をする方法

お悩み

  • 女性にモテたい
  • カッコよく見られたい
  • 清潔感を出したい

カッコよくなって女性にモテたい!清潔感がある男になりたい!

多くの男性が思うことではないでしょうか。

まずは見た目を整えましょう。

手っ取り早く見た目をよくする方法として、ムダ毛を処理することがオススメです。

なぜなら、多くの女性が男性のムダ毛処理に対して好印象を持っているからです。

引用:Panasonicメンズグルーミング

その理由として「清潔だから」という意見が約70%を占めています。

私も、ムダ毛が濃いことで悩んでいる1人です。

日々、「ムダ毛をなくしたい」と思っています。

この記事では、自宅できるムダ毛処理の方法について紹介しています。

ムダ毛処理にあまりお金をかけたくない、自分でできるなら自分でムダ毛処理をしたいという方に向けて書いています。

この記事を読むと自宅でムダ毛処理ができるようになります。

ムダ毛処理をして、清潔感をだして女性にモテる男性を目指します。

自宅でできるムダ毛処理の方法は、主に以下の5つです。

ムダ毛処理の方法

  • 毛抜きを使って抜く
  • カミソリやシェーバーを使って剃る
  • 除毛(脱毛)ワックスを使う
  • 除毛(脱毛)クリームを使う
  • 脱毛器具を使う

本記事では、それぞれのムダ毛処理について説明していきます。

それでは、いってみましょう!

だん

毛抜きを使って抜く

一番手軽で簡単に始められるのが「毛抜きを使って抜く」方法です。

毛抜き1本あればすぐにムダ毛処理をすることができます。

費用も毛抜き代だけなので、安くすみます。

また、根本から毛を抜くので次に毛が生えてくるまでの時間が長く、ムダ毛処理の効果が長持ちします。

メリット

  • 必要な道具は毛抜きだけ
  • 費用が安い
  • 処理の効果が長持ちする

毛抜きを使う方法だと、1本1本抜かないといけないので、広範囲のムダ毛処理には向きません。

また、抜くたびにチクッとした痛みが伴います。

毛を抜いた後の毛穴は開いているため、そこから雑菌が入って炎症を起こすことがあります。

デメリット

  • 手間がかかる
  • 痛みが伴う
  • 炎症を起こす可能性がある

お金をかけずにムダ毛処理をしたい人にオススメです。

だん

カミソリやシェーバーを使って剃る

毛を1本1本処理する「毛抜きを使って抜く」方法と違って、「カミソリやシェーバーを使って剃る」方法は1度に広範囲のムダ毛を処理することができます。

毛を剃るときにはシェービングクリームやジェルを使用します。

皮膚の正面に出ている毛だけを処理するので、痛みはほとんどありません。

費用も安く抑えることができます。

メリット

  • 費用が安い
  • 痛みがほとんどない
  • 1度に広範囲を処理できる

皮膚の表面に出ている毛だけを処理するので、すぐに毛が生えてきてしまいます。

毛を剃ると、毛の断面がみえて毛が濃くなったように見えることもあります。

また、カミソリやシェーバーで皮膚の表面の角質を傷つけてしまい、肌荒れの原因になることもあります。

デメリット

  • すぐに毛が生えてくる
  • 毛が濃くなったように見えることがある
  • 肌荒れの原因になる可能性がある

シェーバーは電動で素早くムダ毛処理できるのでオススメです。

だん

除毛(脱毛)ワックスをつかう

「除毛ワックスを使う」方法は、ワックスをムダ毛に塗ってシートを貼り、ワックスが固まった後にシートを剥がしてムダ毛を抜いてしまいます。

毛抜きを使った方法と同じように、根本から毛を抜くことができ、毛抜きを使うよりも1度に広範囲を処理することが可能です。

メリット

  • 処理後は肌がツルツルになる
  • 皮膚の古い角質も一緒に除去できる
  • 1度に広範囲の処理ができる

除毛ワックスは毛に絡めて使うため、毛がある程度長くないとうまく除毛できません。

また根本から毛を抜くため、どうしても痛みが伴います。

デメリット

  • ある程度の毛の長さが必要
  • 痛みが伴う

痛みが気にならない方にオススメです。

だん

脱毛ワックスのレビューはこちら

【レビュー】痛いけど効果は抜群!脱毛ワックスをレビュー

除毛(脱毛)クリームを使う

除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれており、毛を溶かして除毛します。

「除毛クリームを使う」方法が1番手軽で簡単にできるムダ毛処理です。

処理したい部位に除毛クリームを塗り、5分〜10分後にスポンジやタオルなどでクリームを拭き取ります。

クリームと一緒にムダ毛も拭き取られ、ツルツルの肌になります。

痛みもほとんどありません。

メリット

  • 手軽に処理できる
  • 使い方が簡単
  • 痛みがほとんどない

薬品を使ってムダ毛を処理するので、人によっては肌に合わない可能性があります。

また、顔やVIOなど使用できない部位もあります。

皮膚の表面の毛だけを処理するので、3〜4日ほどで再びムダ毛が生えてきてしまいす。

デメリット

  • 肌に合わない可能性がある
  • 使用できる部位が限られている
  • すぐに毛が生えてくる

【NULLリムーバークリーム】のレビュー

簡単に広範囲の処理をしたい方にオススメです。

だん

「NULLリムーバークリーム」は、顔(ヒゲ)には使用できません。

ヒゲの悩みを解決したいなら、「エピナイザーゼロ」を使ってみましょう!

【エピナイザーゼロ】のレビュー

脱毛器具を使う

現在では自宅でも使用できる脱毛器具がたくさん出ています。

エステのようにレーザーや光を使って処理する光美容機や、脱毛ローラーで毛を挟み込んで抜く脱毛器などが販売されています。

エステのようなムダ毛処理を自宅で体感することができます。

光美容機は毛根に働きかけるので、毛が生えてくるまでの時間が長くなり、ムダ毛処理の間隔を長くすることができます。

脱毛ローラーを使用した脱毛器も、根本から毛を抜くので再びムダ毛が生えてくるまで時間がかかります。

ムダ毛処理の間隔を長くすることで、処理による肌への負担も減らすことができます。

メリット

  • エステのようなムダ毛処理を自宅で体感できる
  • ムダ毛処理の間隔が短くなる
  • 肌の負担を減らせる

脱毛器といっても、毛が生えなくなる「永久脱毛」の効果はありません。

また、処理の時に痛みを伴う可能性もあります。

器具にもよりますが、価格が高いということもデメリットです。

デメリット

  • 永久脱毛の効果はない
  • 痛みが伴う可能性がある
  • 器具の価格が高い

費用を気にせず自宅でムダ毛処理したい方にオススメです。

だん

まとめ

自宅でできるムダ毛処理の方法を解説しました。

ムダ毛処理の方法

  • 毛抜きを使って抜く
  • カミソリやシェーバーを使って剃る
  • 除毛(脱毛)ワックスを使う
  • 除毛(脱毛)クリームを使う
  • 脱毛器具を使う

それぞれのムダ毛処理の方法にはメリットやデメリットがあり、自分に合ったムダ毛処理を見つけましょう。

毛抜きを使って抜く

メリット

  • 必要な道具は毛抜きだけ
  • 費用が安い
  • 処理の効果が長持ちする

デメリット

  • 手間がかかる
  • 痛みが伴う
  • 炎症を起こす可能性がある

カミソリやシェーバーを使って剃る

メリット

  • 費用が安い
  • 痛みがほとんどない
  • 1度に広範囲を処理できる

デメリット

  • すぐに毛が生えてくる
  • 毛が濃くなったように見えることがある
  • 肌荒れの原因になる可能性がある

除毛(脱毛)ワックスをつかう

メリット

  • 処理後は肌がツルツルになる
  • 皮膚の古い角質も一緒に除去できる
  • 1度に広範囲の処理ができる

デメリット

  • ある程度の毛の長さが必要
  • 痛みが伴う

除毛(脱毛)クリームを使う

メリット

  • 手軽に処理できる
  • 使い方が簡単
  • 痛みがほとんどない

デメリット

  • 肌に合わない可能性がある
  • 使用できる部位が限られている
  • すぐに毛が生えてくる

脱毛器具を使う

メリット

  • エステのようなムダ毛処理を自宅で体感できる
  • ムダ毛処理の間隔が短くなる
  • 肌の負担を減らせる

デメリット

  • 永久脱毛の効果はない
  • 痛みが伴う可能性がある
  • 器具の価格が高い

すべてのムダ毛処理に言えることですが、処理前と処理後はしっかり肌のケアをしましょう。

処理前
→処理する部分を洗って清潔にする
処理後
→化粧水や保水クリームを使って肌を保護する

自宅で簡単にムダ毛処理をして、女性にモテる素敵で清潔感のある男性を目指しましょう。

だん

ムダ毛処理から解放されたい!という方は、永久脱毛が可能な「医療脱毛」を検討しましょう。

TCBの医療脱毛

ランキング参加中

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-スキンケア
-,